本文へ移動

トピック(令和6年度)

第77回福島県消防大会が二本松市で開催されました

 第77回福島県消防大会は、6月15日(土)二本松市民会館において、県内の消防団員・職員など約600名が参加し、盛大に開催されました。
 大会は国歌斉唱、本県消防殉職者の御霊に黙とうを捧げ、西山敏彦福島県消防協会長の式辞に続き、内堀雅雄福島県知事の挨拶、三保恵一二本松市長の歓迎挨拶があり、福島県消防表彰及び福島県消防協会定例表彰等各種表彰が行われました。その後、秋本敏文日本消防協会長などご来賓から祝辞をいただき、受賞者を代表して鈴木朝裕二本松市消防団副団長が謝辞を述べました。最後に、地域住民の安全・安心の確保のため、地域防災の中核として使命達成にまい進するとした大会宣言と大会決議が採択され、大会は終了しました。

令和6年度福島県消防殉職者等慰霊祭が執り行われました

 令和6年度福島県消防殉職者等慰霊祭は、6月14日(金)安達文化ホールにおいて、殉職者のご遺族、ご来賓、県内市町村の消防団長、消防本部消防長ほか約150名のご参列をいただき、厳粛に執り行われました。
 慰霊祭は、参列者全員で殉職者128柱の御霊に黙祷を捧げた後、西山敏彦福島県消防協会長が式辞を述べ、福島県知事、日本消防協会長、福島県議会議長、二本松市長から追悼の言葉をいただきました。この後、西山会長の献花に続き、ご遺族、ご来賓が献花を行い、ご冥福をお祈りいたしました。

正副会長が内堀福島県知事を表敬訪問しました

 6月3日(月)に福島県消防協会の新役員体制が発足したことに伴い、西山敏彦会長、秋田英博副会長が内堀雅雄福島県知事に挨拶するため福島県庁を訪問しました。
 知事との会談の中で、西山会長は「消防団員の確保が課題で機能別団員の活用、学生団員や女性団員の確保など持続可能な消防団組織体制を作っていきたい」と述べました。
 また、福島民報社、福島民友新聞社を訪問し、就任の挨拶を行いました。

福島県消防協会の新体制が発足しました

西山敏彦会長
 5月16日(木)開催の第2回理事会において、会長に福島市消防団の西山敏彦団長、副会長に会津若松市消防団の皆川公一団長、広野町消防団の秋田英博団長が選定されました。
 当協会の新体制はこちらをご覧ください。

定時評議員会・第2回理事会を開催しました

 5月16日(木)に福島市の杉妻会館で定時評議員会を開催しました。
 会議には、評議員13名、理事7名、監事2名が出席し、はじめに福島県危機管理部の伊藤繁政策監から来賓の御挨拶をいただきました。議事では、令和5年度決算(案)、評議員・理事等の選任、第77回福島県消防大会宣言(案)等について審議が行われ、全議案とも承認されました。
 定時評議員会終了後、新しい理事による第2回理事会を開催し、会長及び副会長の選定、県消防会館再生計画の変更等及び令和6年度共済事業による車両交付候補団体について審議が行われ、すべての議案が承認されました。

第1回理事会を開催しました

 4月25日(木)に福島県消防会館内会議室で第1回理事会を開催しました。
 理事会には、理事6名、監事2名が出席し、令和5年度事業報告や決算、評議員・理事等候補者、第77回福島県消防大会等について審議が行われ、全議案とも承認されました。
TOPへ戻る